「ISIKKOKENSAN」

「石っこ賢さん」


KENJI MIYAZAWA

宮沢賢治

 

 小学校時代から鉱物採集に熱中し、家では石っこ賢さんと呼ばれていた宮沢賢治。

その作品の中には様々な鉱物が登場し、読者の想像力を掻き立てます。